スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blind Destruction / CRUCIFIX

02 10, 2006 | Posted in CRUCIFIX | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Blind Destruction
by CRUCIFIX

ガキどもと暴力 ったくガキども喧嘩してんじゃねえ
誰かが怪我をすることにユーモアのかけらも感じられない
明かりが消え、すべてがうやむやにされて
お前らは街頭で物事の決着を喧嘩でつけるが、それをダンスフロアにも持ち込む
扉の外じゃサツが待ち構えているのに、お前らは攻撃に夢中

シーンはもうダメになってるんだ、誰かがすぐに真似をするだろう
お前らがやろうとしていること、行こうとしているところ、それが何か分かってるか?
もっとましなオツムを持った方がいい、何かが変わろうとしているのだから
さもなきゃ結局、お前らは孤立した自分を見ることになる

お前らどうしで喧嘩してろよ、俺がかまってられると思ってんのか?
けど、お前らで喧嘩してりゃ、自ら破滅することになるんだぜ

お前らがテメーを男だって証明するのに喧嘩する必要はない
それともそんなことも分からないくらい盲目なのか?
スポンサーサイト

Indochina / CRUCIFIX

02 09, 2006 | Posted in CRUCIFIX | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Indochina
by CRUCIFIX

ひどい情景が繰り返し俺の頭の中に現れる
背後に血の海を歩く様子がぼんやりと見える
不信と憎悪による暴力的な新秩序
銃撃がやむことのない皆殺しの戦争
インドシナは永遠に失われた
インドシナ お前が彼女を破壊した
インドシナ お前は彼女を忘れてないよな
インドシナ お前はどうやって彼女を盗み出し、レイプしたんだ
人口に膾炙される殺戮はやっとのことでフィルムに記録された

感覚をぼんやりさせられることで俺は邪魔される
百万遍繰り替えされた俺の頭への狙撃
死の軍勢がパレードで街頭に並んだ

戦争で奴らが何をしたか本当は皆何も分かっちゃいない
奴らの目に焼きつけられたもの、
俺が目撃した長い長い年月に及ぶ苦痛
数えられない死と犠牲
人間に対する犯罪

戦争は子供達に何を残した
子供達は孤児となり、飢餓のために死んでいる
子供達の成長がそこで止まってしまっても、一体誰が咎められるんだ
俺たち全員が戦争の代価を支払わなきゃならない、
俺たち全員が自らの内に死を抱えているんだ、
俺のインドシナ

続きを読む »

Modern World / SOCIAL GENOCIDE

02 08, 2006 | Posted in SOCIAL GENOCIDE | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Modern World
by SOCIAL GENOCIDE

多国籍企業、生物の形質転換、
マイクロ・チップ、ロボット、機械

ボスどもを打倒しろ

お前は資本主義的なクズ
お前は飢餓の責任者だって俺たちが認定してやるぜ
お前は社会的皆殺しで有罪だって俺たちが認定してやるぜ

Social Genocide / SOCIAL GENOCIDE

02 08, 2006 | Posted in SOCIAL GENOCIDE | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Social Genocide
by SOCIAL GENOCIDE

第三世界における飢餓線上にある数百万の人々
南アフリカでは数千人の黒人が殺されてる
南アメリカでは無辜の路上の子供たちが殺されてる
日々、狩られ、苦しめられるんだ

社会的な皆殺し
社会的な皆殺し

地球上のバカげた戦争のために
罪なき人々が死に、苦しみ、殺されていく
人々が自殺に身を委ねる
社会が彼らを絶望に陥れるから

社会的な皆殺し
社会的な皆殺し

Fake / BOYCOT

02 08, 2006 | Posted in BOYCOT | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Fake
by BOYCOT

お前が心を奪われているものになんか興味ない
俺たちが間違ったやり方でそいつを記録することがないよう願うよ
お前が余計な口出しできるのは、お前のことだけ
お前の暴力とクソな振舞いをどっかにやってくれよ

お前の大酒なんか知ったことか
お前の消費なんか知ったことか
お前の痙攣気味の跳ねっ返りなんか知らねえよ

けどな、
俺を殴るのはやめろ
俺を蹴るのはやめろ
はっきり言ってやる、俺はただ踊りたいだけ

お前がスラムダンスするたびに俺の気分はだいなし
お前が地べたにくたばるまで、俺は機会を待ってなきゃならない
そのうち突き刺してやるさ、お前が血を流すまで
ヤクによった優越感をひっぺがして、お前が我に返るまで襲ってやるさ

D.I.Y. / BOYCOT

02 08, 2006 | Posted in BOYCOT | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
D.I.Y.
by BOYCOT

お前自身のために「自分‐で‐やること」を考えろ
お前自身のために「自分‐で‐やること」に注意を払いな
お前自身のために「自分‐で‐やること」に近付くんだ
お前自身のために「自分‐で‐やること」をやれ

お前はどうしてレコードにそんな高い金を払わなきゃならないんだ?
お前はどうしてCDにそんな高い金を払わなきゃならないんだ?
お前はどうして店でそんな高い金を払わなきゃならないんだ?
ハードコアのためにそんな高い金を払うことはパンクじゃねえって、お前知らないのか?

お前はどうして「カオス」にそんな高い金を払わなきゃならないんだ?
お前はどうして「アナーキー」にそんな高い金を払わなきゃならないんだ?
お前はどうして「戦争」にそんな高い金を払わなきゃならないんだ?
パンクってのはロックスターをぶちのめすことなんだって、お前知ってるか?

お前自身のために「自分‐で‐やること」を考えろ
お前自身のために「自分‐で‐やること」に注意を払いな
お前自身のために「自分‐で‐やること」に近付くんだ
お前自身のために「自分‐で‐やること」をやれ

Punkrock Sucks / BOYCOT

02 08, 2006 | Posted in BOYCOT | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Punkrock Sucks
by BOYCOT

NoFX いらねえ
offspring くそったれ
Green Day ぶっ殺せ
ボイコットだ

大金のためだけだっつーなら
パンクロックがうまい汁を吸うってのはほんとだよな

Punk is Dead / CRASS

02 08, 2006 | Posted in CRASS | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

4 Comments
Punk is Dead
by CRASS

そう、その通り、パンクは死んだんだ
消費者たちの別の安っぽい製品になっちまった
プラスチックのトランジスタラジオから流れる風船ガム・ロック
大物プロモーターがけしかける、学校に通うガキどもへの煽り
CBS が Clash を販促してるけど、
革命のためなんかじゃない、ただ金のため
パンクはかつてのヒッピーのようにただのファッションになっちまった
そうだよ、んなもん、お前や俺がやろうとしていることとは何の関係もねー

ムーヴメントはシステムで、システムのおかげでぶち壊し
ムーヴメントは公衆とやらの意思表示にすぎない
パンクがムーヴメントになって、俺たちみんな喪失感を味わった
たけどリーダーたちが売り渡してくれたおかげで、今じゃ俺たちがツケを払ってるんだぜ
パンク・ナルシシズムは社会的なナパーム弾、
スティーヴ・ジョーンズはマジで害悪をまき散らしてる
奴は望むとおり奴に恵んでくれたシステムに今度はしゃぶられ、
その分、革命、アナーキー、変革のお説教ってわけだ

そうさ、色眼鏡を通して眺めてるのが嫌になっちまった
スパースターのケツをじっと眺めてるのはうんざりだ
俺はケツ、クソ、名声を手に入れた
にわか有名人の期限は15分、俺はただそれを待ってる
スティーヴ・ジョーンズ、お前はナパーム弾
お前がかなり困ってる(空っぽだ *1)というなら、どうして群れる?
パティ・スミス、お前はナパーム弾
お前は自分の手で歌詞を書く、だがその腕はランボー(*2)のだぜ

そして俺だ、そう俺だ、俺はこんなもんに熱中したいのか?
こんなものに学ぶべき何かがあるのか?
俺の怒りを販促してくれるビジネスマンが必要だってのか?
俺は名声と幸運をちらつかせる報酬に抵抗できるのか?
俺は奴らのボンデッジの装いに、利益にまみれてはしゃいでるザマを見る
奴らの耳にゃ安全ピン、でも社会的なエリート
俺はそんなものに意味はねーと見てるし、そう理解してる
さそりが攻撃したとしてもシステムが針を抜いちまうんだ

パンクは死んだ。パンクは死んだ。パンクは死んだ。
パンクは死んだ。パンクは死んだ。パンクは死んだ。
パンクは死んだ。パンクは死んだ。パンクは死んだんだ。

続きを読む »

このブログについて/誤訳突っ込み歓迎

02 08, 2006 | Posted in 管理人の独り言 | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
このブログは anachopunk や crust punk 関連の歌詞をテキトーに翻訳してログっとく場所であります。

そもそも「日本盤」が出ていない=和訳が存在していないものを中心に訳していくつもりですが、既訳があるものでも対象にします。たまに違う「ジャンル」のものも載せるかもしれません。更新ペースはまったりで。

当方、もとより語学の教養らしいものはありません。したがって誤訳頻発が前提。「そこ、違うんじゃないの?」という箇所を発見された方、その点ご指摘いただければ大変に嬉しいです。

なお、歌詞の理解に役立てるために訳註をつける場合もあります。訳註が存在するものは、記事の最後に ≫[...]の続きを読む というリンクが入ります。

mailto: anarchopunk (honyakpunk blog)

The Darkest Hour / AMEBIX

02 08, 2006 | Posted in AMEBIX | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
The Darkest Hour
by AMEBIX

友よ、私たちに別れを告げるべき時が来たようだ
だから幾つかの言葉をもって私は君に別れの挨拶を告げよう
私たちの過ごした生がただ恥ずべき偽りであったかのようだと
未来には一体何が約束されているか、ただ時だけがそれを告げるのだと

私は死など怖くはない 本当に気に病むこともない
君が死に安らぎを見出せるのなら、その時が早く来てほしい
君が死に安らぎを見出せるのなら、私はいつ死んでも構わない
私の棺桶には重ね着をさせておくれ、そこまで降りる道は寒いから

私が死んで
この世から去る時
一人の子供が生まれる
この世界が巡りゆくように

ある人は、私たちは結ばれる運命にあったという
ある人は、これは嵐の前の静けさだねという
けれど、誰もが忘れてしまった自然の理があるだけ
そう、最も暗き時は、常に夜明けの前にある!

ろうそくの炎が小さくなり
いうべきことが何もなくなったら
死体を横たえる墓穴を
私のために掘っておくれ

続きを読む »

Chain Reaction / AMEBIX

02 07, 2006 | Posted in AMEBIX | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Chain Reaction
by AMEBIX

明りを掲げろ、夜をかがり火で照らせ
俺たちは恐怖の構築物を破壊する
すべての不信の影を粉砕するんだ!
今や明確となった未来像がある

君自身の頭を使え、自分でコントロールするんだ
君自身の頭を使え、神も主人もない

自らの内に力を感じてみろ、君はそれを罪悪だと思っているのか
君の心のなかに横たわる力を見い出すんだ
十字架からでもなく、銃からでもなく
月からでもなく、太陽からでもなく
まさに人類の精神から立ち現れる

俺たちは束縛から解き放たれる!

俺たちが忠誠を誓うものなんてありはしない、
またそういうものになるのでもなく、
あるがままの自分達だけが信じるに値する
俺たちが誉め讃えるに値するものなど何もない
罪悪とは、まったき力へと向かう過程における最初の屈服なのだと俺は信じる

No Gods, No Masters / AMEBIX

02 07, 2006 | Posted in AMEBIX | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
No Gods, No Masters
by AMEBIX

君の神は君を縛る鎖
君の神を、君が所属する体制を拒絶しろ
君は本当に自由がほしいのか

When Two Men Kiss / OI POLLOI

02 06, 2006 | Posted in OI POLLOI | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
When Two Men Kiss
by OI POLLOI

手を取り合って二人の男がキスをするとき
お前が理解しないだろうなってことを彼らは怖れる
暴力が激発する 叫喚が静寂を破る
あいつはホモだとか ヘンタイだとか
非人間的な扱いにびくびくして過ごさなきゃならない
お前がバカじゃないってことはないな、
奴らはビョーキだってお前は言うけど
俺の目に見える病気は一つだけ、
お前の頑迷さという癌だけだからさ
それはナチのバカどもからデキの悪い脳味噌まで、
俺たちが変えなきゃならないひん曲がった態度ってことだ

続きを読む »

From the Ruins / RUIN

02 05, 2006 | Posted in RUIN | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
From the Ruins
by RUIN

不死鳥が横たわっているのを見てみなよ
この忘れられた大地の死灰を掻き集めてできた絶望の象徴

俺たちは破壊し、再び建設する
計算違いを正してやろう
隷属の鎖を断ち切れ
俺たちは廃墟から過去を回復しなきゃならないのさ

だが俺たちはこの廃墟から立ち上がり
嘘八百を解きほぐす
俺たちはこの廃墟から立ち上がり
ひでぇ厄介物を洗い流す

俺たちは破壊し、再び建設する
計算違いを正してやろう
隷属の鎖を断ち切れ
俺たちは廃墟から過去を回復しなきゃならないのさ

廃墟から

続きを読む »

Fly the Black Flag / RUIN

02 05, 2006 | Posted in RUIN | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Fly the Black Flag
by RUIN

連中のファシスト・シンボルなんか焼いてしまえ
絶望の紋章なんかはな
虚偽と頑迷の戦線め
俺たちが怖れるのは自由が存在しないということだけ

黒旗を掲げろ
黒旗を掲げろ

もう一つの思想、しかし俺たちは弁明はしない
それは誰もが拒否しない団結の思想

黒旗を掲げろ
黒旗を掲げろ

ファシストの系譜 破壊的な病因
俺たちは情け容赦なくこの体制を焼き尽くすさ

黒旗を掲げろ
黒旗を掲げろ

リンクは「勝手にしやがれ」

02 05, 2006 | Posted in 管理人の独り言

1 Comments
リンクはご自由に。事前・事後の告知不要。「勝手にしやがれ」ということで。

The War on War / ANTISECT

02 05, 2006 | Posted in ANTISECT | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
The war on war
from ANTISECT Interview
http://diyzine.com/antisectinterview.html
※歌詞ではありません

多くの人々が核戦争の脅威を心配し、核廃絶キャンペーン(CND)(*1)がおそらく過去最大のメンバーを獲得したとき、1980年代は一つの画期をなした。

アナキストと平和主義者の集まりであったアンチセクトはこのキャンペーンに熱中した。

私たちはグリーナム(*2)とヘイフォード(*3)を訪れ、まさに非暴力直接行動の活動を理由に逮捕された。

戦争に対する戦争はなくなってはいないんだ…。

続きを読む »

We Can / MOB47

02 05, 2006 | Posted in MOB47 | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
We Can
by MOB47

やりたいようにやるんだ、奴らに操作されるなよ
奴らの嘘なんかクソだ、社会の変革のために闘えよ
俺たちはこの体制を変えられる
俺たちはこの社会を変えられる
俺たちはやれるんだ

何かやらかしたいんだったら
政府の法になんか従うなよ
そんなの官僚制にすぎないし、俺たちを助けるわけがないからな

The Cops Rule / MOB47

02 05, 2006 | Posted in MOB47 | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
The Cops Rule
by MOB47

ポリ公が俺らを統制する
たとえこの自由なスウェーデンにおいてもな
ポリ公が支配するのさ
ポリ公が支配するのさ
ポリ公がすべてを支配するのさ
ポリ公は奴らの思うがままにやってやがる
お前が口を噤まなければ、奴らにがんじからめにされるだけ

Police Bastard / DOOM

02 05, 2006 | Posted in DOOM | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
Police Bastard
by DOOM

権力がお前を見ている
お前の喋ることもやることも全部だ

警察
警察のクソやろう

奴らの制服の陰におびえて暮す

警察
警察のクソやろう

RSS
プロフィール

Author:anarchopunk
Note: 歓迎誤訳指摘如何訳詩利用
Link: リンク自由

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。