スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Darkest Hour / AMEBIX

02 08, 2006 | Posted in AMEBIX | Thema 音楽 » 歌詞翻訳

0 Comments
The Darkest Hour
by AMEBIX

友よ、私たちに別れを告げるべき時が来たようだ
だから幾つかの言葉をもって私は君に別れの挨拶を告げよう
私たちの過ごした生がただ恥ずべき偽りであったかのようだと
未来には一体何が約束されているか、ただ時だけがそれを告げるのだと

私は死など怖くはない 本当に気に病むこともない
君が死に安らぎを見出せるのなら、その時が早く来てほしい
君が死に安らぎを見出せるのなら、私はいつ死んでも構わない
私の棺桶には重ね着をさせておくれ、そこまで降りる道は寒いから

私が死んで
この世から去る時
一人の子供が生まれる
この世界が巡りゆくように

ある人は、私たちは結ばれる運命にあったという
ある人は、これは嵐の前の静けさだねという
けれど、誰もが忘れてしまった自然の理があるだけ
そう、最も暗き時は、常に夜明けの前にある!

ろうそくの炎が小さくなり
いうべきことが何もなくなったら
死体を横たえる墓穴を
私のために掘っておくれ
【訳註】

「私は死などは怖くない〜世界は巡りゆく」の箇所は実は元ネタと思しき先行する歌詞が存在します。1967年に発表された Laura Nyro(当時20歳)のアルバム『More Than A New Discovery』に収録された「And When I Die」がそれです。「私が死んで/この世から去る時/一人の子供が生まれる/この世界が巡りゆくように And when I die and when I'm gone, there'll be one child born, there'll be one child born」という節回しは、死に直面した生者への慰めの定型句のようでもありますが、「The Darkest Hour」かがLauraの歌詞を参照したと思われる箇所はそこだけではないので、ひょっとしたらAMEBIXにはLaura好きのメンバーがいたのかもしれないなぁと思うわけです。Laura Nyro と AMEBIX とは音の向きがまったく異なりますが、興味のある人はLauraの方の歌を聴いてみるのも一興かも?

And When I Die
by Laura Nyro

And when I die and when I'm dead, dead and gone,
there'll be one child born and a world to carry on, to carry on.
I'm not scared of dying and I don't really care.
If it's peace you find in dying, well, then let the time be near.
If it's peace you find in dying, when dying time is here,

just bundle up my coffin cause it's cold way down there,
I hear that's it's cold way down there, yeah, crazy cold way down there.
And when I die and when I'm gone,
there'll be one child born and a world to carry on, to carry on.

My troubles are many, they're as deep as a well.
I can swear there ain't no heaven but I pray there ain't no hell.
Swear there ain't no heaven and pray there ain't no hell,
but I'll never know by living, only my dying will tell,
only my dying will tell, yeah, only my dying will tell.
And when I die and when I'm gone,
there'll be one child born and a world to carry on, to carry on.

Give me my freedom for as long as I be.
All I ask of living is to have no chains on me.
All I ask of living is to have no chains on me,
and all I ask of dying is to go naturally, only want to go naturally.
Don't want to go by the devil, don't want to go by the demon,
don't want to go by Satan, don't want to die uneasy, just let me go naturally.
And when I die and when I'm gone,
there'll be one child born, there'll be one child born.
When I die, there'll be one child born.
When I die, there'll be one child born.
When I die, there'll be one child born.
When I die, there'll be one child born.

« このブログについて/誤訳突っ込み歓迎 Chain Reaction / AMEBIX »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

anarchopunk

Author:anarchopunk
Note: 歓迎誤訳指摘如何訳詩利用
Link: リンク自由

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。